妊娠線を予防せよ!外側からしっかり保湿ケア

予防をしよう

クリーム

早めに始める

妊娠中に気になる体の変化の一つとして妊娠線があります。妊娠線はおよそ9割もの妊婦さんを悩ますと言われています。また、一度できてしまうと妊娠線をなかなか完全に消すことは困難で、どうしても線の痕が残ったままになってしまう場合が多いです。そんな妊娠線は予防することができ、妊娠線予防専用の保湿クリームも売られています。保湿クリームを使う上で知っておくと良い情報として、妊娠が分かったらすぐケアを始めるということです。保湿をしておけば皮膚が柔らかくなり、赤ちゃんの成長に合わせて柔軟に大きく伸びることができます。ポイントは、お腹周辺だけではなくお尻や太ももの辺りもたっぷりのクリームを使い丁寧にマッサージすることです。

考えて作られている

誰でもお腹や二の腕、足などにスイカの線のような亀裂が入ったら悩むでしょう。妊娠線は妊娠したことによって急激に体重が増えたり、お腹が膨らむことによって、皮膚が柔軟に伸びることができずに体に線の痕が入ってしまいます。妊娠線はほとんどの妊婦さんが経験する可能性が高いですので、ケアをしっかりと行うことが大切です。予防専用の保湿クリームは、妊婦さんでも安心して使用することが出来るように成分に配慮して作られていたり、市販のクリームよりも伸びが良くマッサージしやすくなっているため妊婦さんの間で高い人気があります。また、妊娠すると匂いに敏感になる妊婦さんが多いため、ほのかな香りにしたり無香料にしてあることが多く、安心して使用できるのも人気です。